名医が出演する番組を事前にチェック!
 名医
 TV-ガイド.com

天野篤先生
(心臓外科)

中村清吾先生
(乳がん)

幕内雅敏先生
(肝がん)
 当サイトでは、天野篤先生、中村清吾先生、幕内雅敏先生をはじめ、数多くの名医と言われる先生を掲載しています。 Last update 
2013/12/8
presented by hossie
since 2012/7/25
Total Page View   Today   Yesterday
 このページでは、頭痛治療の最新情報、名医情報等を提供しています。
 病気治療において、病院(治療法)選び・医師選びは大変重要な意味を持っており、多くの患者さんやそのご家族が常に最高の医療を受けたいと願って情報収集を行っています。このページが皆様の情報収集の参考になれば幸いです。
カスタム検索
 (スポンサードリンク) 


低下した免疫力をアップさせる物質を東大の研究グループが発見!
 あらゆる病気の原因と言われている免疫力の低下。脳血管疾患についても同様で、発症には免疫力の低下が背景に存在しています。こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質「ブロリコ」を発見しました。その詳しい資料を請求することが出来ます。免疫力アップに興味のある方は、こちらを参照下さい。 ⇒ 免疫力を高めてくれるブロリコ  

「名医」の最新治療(頭痛)と名医詳細情報

 (参考文献)
新「名医」の最新治療
頭痛はP70~P73に掲載
   ●自己注射で、重症の頭痛患者の痛みを軽減
   増える鎮痛薬の乱用頭痛には専門医の治療を!
   いざ病気と診断されてから名医や最新の治療法を探す方が多いことと思いますが、情報が溢れているはずの現代でさえ、なかなか求める情報、有益と思われる情報に辿り着けないという声を数多く耳にします。そこでこのページではそうした声に応えるべく、「頭痛の最新治療」に関する情報を掲載しました。
 皆様が頭痛の治療を受けられる際の参考になれば幸いです。

(最新の頭痛治療)

 国内で約4千万人が慢性頭痛に悩んでいると言われていますが、医療機関を受診する人は少ないのが現状です。
 「たかが頭痛」とせず、適確な診断と治療を受けることをお勧めします。
 神奈川県に住む26歳の女性のケースをご紹介します。
 彼女は中学生のころから10年以上、年に数回右目の奥から後頭部にかけてアイスピックで突き刺されるような激しい痛みに苦しんで来ました。
 脳波やMRI検査でも異常は見つからず、医者からは鎮痛薬を処方されるだけでしたが、処方された鎮痛薬や市販の頭痛薬を飲んでも痛みは治まらず、治療を半ばあきらめていました。
 しかし2年ほど前に婚約中だった現在の夫が、頭痛の名医である東京女子医科大学脳神経外科の清水俊彦先生の存在を知り、頭痛外来を受診したところ、初めて自分の頭痛が「群発頭痛」だと分かりました。
 頭痛には、くも膜下出血や脳出血などを原因とする頭痛(二次性頭痛)と、検査をしても異常が見つからない「頭痛もちの頭痛」と言われる慢性頭痛(一次性頭痛)があります。現在国内で約4千万人の人が、その慢性頭痛で悩んでいると言われています。
 慢性頭痛には緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の三つのタイプがあります。
 緊張型頭痛は、頭に軽く輪っかを締めつけられたような頭痛が続きます。
  sponsored link
 一方片頭痛や群発頭痛は、生活に支障をきたすほどの痛みがあります。女性に多い片頭痛は、頭の片側から両側のこめかみから眼の奥が、脈拍と同じ調子でズキンズキンと痛みます。吐き気や嘔吐を伴い、光や匂い、音にも敏感になります。
 神経伝達物質のセロトニンが過剰に放出されて脳の血管が収縮、その後セロトニンが出尽くした反動で血管が拡張、その刺激で三叉神経から炎症物質が分泌されて痛みが起きると言われています。
 一方群発頭痛はある決まった時期、時間に集中して1~2ヵ月程度、毎日激し痛みが続きます。過去には痛さに耐えかねて自殺者も出たと言い、片目の奥が激しく痛むのが特徴です。
 現在片頭痛や群発頭痛の治療には、主に頓服薬としてトリプタン製剤が使われています。拡張した血管を元に戻し、三叉神経から出る炎症物質を抑える働きがあります。
 しかし効果が出るまでに錠剤では30分~1時間、点鼻薬で20分程度かかります。またトリプタン製剤の錠剤や点鼻薬があまり効かない人もいました。
 そこへ2008年1月にトリプタン製剤の一つである「スマトリプタン」の自己注射が認可されました。即効性が期待できる治療法です。注射は簡単です。発作が起きたら処方されたカートリッジに入った「イミグランキット皮下注3㎎(商品名)」を太ももか上腕に注射します。事前に医療機関で映像を見ながら説明を受けますが、注射の回数も制限され、使い方を守れば安全です。
 上記の治療については、新「名医」の最新治療 完全読本 / 週刊朝日編集部別冊チーム編のP70~P73で詳しく解説されています。ご興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
(名医情報)頭痛治療の名医と言われているドクター 
(名医情報)脳神経外科の名医「メディアで紹介された予約殺到のスゴ腕ドクター」
(名医情報)脳神経外科の名医54名のリスト-東京首都圏の他全国の名医を紹介
     ⇒ 頭・脳の病気の最新治療TOPページへ

●脳血管疾患の原因となる"免疫力低下"を防ぐ物質を東京大学の研究グループが発見!
 脳卒中をはじめとした脳血管疾患の本質は脳内や動脈硬化、心臓疾患の問題だけではなく、全身的な血液の循環、配分、質の乱れが直接的な要因として挙げられます。また症状の根源には、その人自身の生命力や免 疫力の低下が背景に存在します。
 脳血管疾患の改善と予防には、その背景にある生命力と免疫力の低下を高め、全身の血液の循環、配分、質の乱れを元に戻す事が不可欠にな ります。
 こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  

☆頭痛の最新治療で患者を救った名医に関する情報データベース
・東京女子医科大学脳神経外科客員教授 清水俊彦先生
 ※これまで17年間、年間延べ5万人の頭痛患者を診察してきた頭痛治療のスペシャリストです。
 東京都新宿区河田町8-1 ℡03-3353-8111
 (清水俊彦先生のプロフィール)
 
(サイト内リンク)脳神経外科の名医による最新治療情報への直接リンク
脳腫瘍(グリオーマ) 脳動脈瘤(未破裂) 聴神経腫瘍 脳梗塞
脳内出血 くも膜下出血 成人成長ホルモン分泌不全 パーキンソン病
むずむず脚症候群 頭痛  
(その他の参考サイト)
●脳神経外科手術の名医と言われているドクター ●名医navi-Japan(脳神経外科の名医)
●脳外科のスーパードクター症例別9名 ●脳手術に強い病院ランキング(全国)
(高血圧対策人気商品)
世界で初めて国際有機認証を取得した田七人参、副作用の心配のない高血圧対策として注目されています。
【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。

 (スポンサードリンク) 


『ご留意事項』
・「名医TV-ガイド.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に病院・ドクターを選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.