名医が出演する番組を事前にチェック!
 名医
 TV-ガイド.com

天野篤先生
(心臓外科)

中村清吾先生
(乳がん)

幕内雅敏先生
(肝がん)
 当サイトでは、天野篤先生、中村清吾先生、幕内雅敏先生をはじめ、数多くの名医と言われる先生を掲載しています。 Last update 
2013/2/17
presented by hossie
since 2012/7/25
Total Page View   Today   Yesterday
 このページでは、むずむず脚症候群治療の最新情報、名医情報等を提供しています。
 病気治療において、病院(治療法)選び・医師選びは大変重要な意味を持っており、多くの患者さんやそのご家族が常に最高の医療を受けたいと願って情報収集を行っています。このページが皆様の情報収集の参考になれば幸いです。
カスタム検索
 (スポンサードリンク) 


低下した免疫力をアップさせる物質を東大の研究グループが発見!
 あらゆる病気の原因と言われている免疫力の低下。脳血管疾患についても同様で、発症には免疫力の低下が背景に存在しています。こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質「ブロリコ」を発見しました。その詳しい資料を請求することが出来ます。免疫力アップに興味のある方は、こちらを参照下さい。 ⇒ 免疫力を高めてくれるブロリコ  

「名医」の最新治療(むずむず脚症候群)と名医詳細情報

 (参考文献)
新「名医」の最新治療
むずむず脚症候群は
P62~P65に掲載
   ●重度の睡眠障害やうつ病を引き起こす要因
   医師にも誤解されやすい症状だが治療は可能!
   いざ病気と診断されてから名医や最新の治療法を探す方が多いことと思いますが、情報が溢れているはずの現代でさえ、なかなか求める情報、有益と思われる情報に辿り着けないという声を数多く耳にします。そこでこのページではそうした声に応えるべく、「むずむず脚症候群の最新治療」に関する情報を掲載しました。
 皆様がむずむず脚症候群の治療を受けられる際の参考になれば幸いです。

(最新のむずむず脚症候群治療)

 「むずむず」といかにも分かりやすそうな名称とは対照的に、本人も医師も病気として認識しにくいのがこの病気です。男性よりも女性、若者より高齢者に多い傾向があります。
 むずむず脚症候群は、就寝時等の安静時に脚に不快な違和感とじっとしていられない感じが生じ、気になって眠れないと言う症状です。
 特徴としては、①安静時に症状が起こる②脚を動かしたり、ほかのものに熱中したりすることで症状が治まる③症状が出るのは夜や夕方、などが挙げられます。
 「むずむず脚症候群は、この症状で寝不足になり昼間の仕事に差し障るだけでなく、寝不足による高血圧やうつ病になることもあるので厄介。男性よりも女性に多いと言われ、妊娠を機に発症する人も目立ちます。また若い頃発症し、年を経てから再発すると言うケースも多いです」(睡眠障害の名医、代々木睡眠クリニック院長井上雄一先生)。
 現在、欧米や日本の専門医の間で主流となっている治療は、ドーパミンの働きを促進する作動薬による薬物療法です。
 ドーパミン作動薬は「L-ドーパ」「ドーパミンアゴニスト」の二つに分けられ、最近ではドーパミンアゴニストがよく使われます。
 まだこの病気の詳しい発症の仕組みは解明されていないものの、神経伝達にかかわるドーパミンの機能を高める治療で症状を抑えることは出来ます。
  sponsored link
 「ドーパミンアゴニストで、8割の患者さんの症状が改善されますし、残りの2割の人も抗てんかん薬やほかの薬剤で症状は治まります。治療をすればほとんどの人が良くなる。だからこそ、つらいと思ったら気のせいと思わずに受診して欲しいですね」(前出の井上雄一先生)。
 むずむず脚症候群の問題は、この病気が患者や医療側にもきちんと伝わっていないことです。井上先生が2004年に20~59歳を対象にインターネットを利用して1万6千人に調査(有効回答数8126人)したところ、むずむず脚症候群を疑われる症状のある人のうち、受診した人はわずか7~8%。しかも医療機関できちんと診断された人はゼロでした。
 むずむず脚症候群の人が、内科などで不眠症と診断されることがありますが、単に睡眠薬を処方されることは、百害あって一利なしですと井上先生は警鐘を鳴らしています。
 上記の治療については、新「名医」の最新治療 完全読本 / 週刊朝日編集部別冊チーム編のP62~P65で詳しく解説されています。ご興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
 ⇒ 頭・脳の病気の最新治療TOPページへ
(関連サイト) むずむず脚治療navi-「メディア出演の有名病院・名医」情報 
(名医情報)脳神経外科の名医54名のリスト-東京首都圏の他全国の名医を紹介

(脳梗塞関連情報)死因のトップは血栓症とも言われています。 血栓溶解酵素では納豆キナーゼが有名ですが、これを上回るパワーと言われているサプリメントがルンブルクスルベルスです。 脳梗塞を招く血栓を溶かし、高血圧や高血糖も正常化する効果が期待されています。 ⇒ LR(ルンブルクスルベルス)乾燥末高含有の「ライフエイドX-1」2箱セット

☆むずむず脚症候群の最新治療で患者を救った名医
・代々木睡眠クリニック院長 井上雄一先生
 ※睡眠障害の治療では日本の第一人者で、むずむず脚症候群の治療にも明るいドクターです。
 東京都渋谷区代々木1-24-10 TSビル1階 ℡03-3374-9112
 (井上雄一先生のプロフィール)
 
(サイト内リンク)脳神経外科の名医による最新治療情報への直接リンク
脳腫瘍(グリオーマ) 脳動脈瘤(未破裂) 聴神経腫瘍 脳梗塞
脳内出血 くも膜下出血 成人成長ホルモン分泌不全 パーキンソン病
むずむず脚症候群 頭痛  
(その他の参考サイト)
●脳神経外科手術の名医と言われているドクター ●名医navi-Japan(脳神経外科の名医)
●脳外科のスーパードクター症例別9名 ●脳手術に強い病院ランキング(全国)
(高血圧対策人気商品)
世界で初めて国際有機認証を取得した田七人参、副作用の心配のない高血圧対策として注目されています。
【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。

 (スポンサードリンク) 


『ご留意事項』
・「名医TV-ガイド.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に病院・ドクターを選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.