名医が出演する番組を事前にチェック!
 名医
 TV-ガイド.com

天野篤先生
(心臓外科)

中村清吾先生
(乳がん)

幕内雅敏先生
(肝がん)
 当サイトでは、天野篤先生、中村清吾先生、幕内雅敏先生をはじめ、数多くの名医と言われる先生を掲載しています。 Last update 
2013/11/13
presented by hossie
since 2012/7/25
Total Page View   Today   Yesterday
 このページでは、アトピー性皮膚炎治療の最新情報、名医情報等を提供しています。
 病気治療において、病院(治療法)選び・医師選びは大変重要な意味を持っており、多くの患者さんやそのご家族が常に最高の医療を受けたいと願って情報収集を行っています。このページが皆様の情報収集の参考になれば幸いです。
カスタム検索
 (スポンサードリンク) 


掻きたい衝動でお悩みのお子様のためのサプリメント!
 アトピー治療はステロイドが主流ですが、その依存性や続けることのデメリットも多いため、脱ステロイドを願う方が非常に多いです。そうした方々の要望に応えるべく開発されたのが「アトケアプロ」です。
 世界初の純度100%プロポリスパウダー(特許出願中)配合で、薬に頼らず自身の免疫力を高めることにより、アトピーの症状を改善します。購入方法は極めて簡単です。アトピーの痒みを何とかしたいと言う方はこちらへ 

「名医」の最新治療(アトピー性皮膚炎)と名医詳細情報②

 (参考文献)
新「名医」の最新治療
アトピーはP524~P531に掲載
   ●皮膚のバリア機能低下が問題
   
漢方薬でステロイド外用薬の減量も!
   いざ病気と診断されてから名医や最新の治療法を探す方が多いことと思いますが、情報が溢れているはずの現代でさえ、なかなか求める情報、有益と思われる情報に辿り着けないという声を数多く耳にします。そこでこのページではそうした声に応えるべく、「アトピー性皮膚炎の最新治療」に関する情報を掲載しました。
 皆様がアトピー性皮膚炎の治療を受けられる際の参考になれば幸いです。

(最新のアトピー性皮膚炎治療)

 アトピー性皮膚炎の治療で気になるのは、やはりステロイド外用薬だと思われますが、ステロイドは塗り方次第で副作用はほとんど出ないと言います。
 果たしてどう塗るのが良いのか、正しい使用法と減量の仕方は、多くの患者にとって関心のあることでしょう。福岡県在住の女性のケースをご紹介します。
 彼女は1歳の時にアトピー性皮膚炎を発症。いったん軽快しましたが、大学受験を控えた高校3年生の時に再発しました。
 近所の皮膚科医の指導でステロイド外用薬を塗っていましたが、症状は良くなるどころか悪化するばかりでした。症状があまりにもひどく、学校にも通えない日が出てきたため、九州大学病院を受診しました。
 同大学病院の古江増隆先生が診療にあたりましたが、先生は、彼女が使っていたステロイド外用薬の種類と使用量や頻度を確認し、「使っているステロイドの量が少なく、効かなかった可能性がある、ちゃんと使えばよくなる」と彼女に伝えました。
 しかし「これ以上ステロイドは塗りたくない」という強い希望があったため、まず保湿を徹底することを指導しました。
 これによりアトピーが改善したため、2回目の診察では“保湿でできるのはここまでで、あとはステロイド外用薬を使わないと治せないこと、適量を塗っていれば、必ず良くなること”を説明し、その日から保湿に加えて、ストロングタイプのステロイド外用薬を1日2回塗り始めました。
  sponsored link
 その結果、2週間後には痒みがほとんど消え、1ヶ月後には発疹もかなり改善しました。
 アトピー性皮膚炎は、アレルギーが原因で起きる皮膚病というイメージがありますが、最近はアレルギーそのものより“皮膚のバリア機能の低下”が問題視されています。
 「アトピー性皮膚炎の治療で何より大事なのは、壊れているバリア機能を高めることで、それが保湿なのです。さらに炎症がある場合は、ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬を使うことになりますが、これらの外用薬は適量を守ることが大事です」と前出の古江先生は語っています。
 上記の治療については、新「名医」の最新治療 完全読本 / 週刊朝日編集部別冊チーム編のP524~P531で詳しく解説されています。ご興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
(関連ページ)「名医」の最新治療(アトピー性皮膚炎)と名医詳細情報①「免疫抑制薬と紫外線療法」 
(参考サイト)全国のアトピーの名医21名(東京首都圏の他、北海道から九州までの名医を掲載)
(参考サイト)アトピー患者数ランキング第1位「東京女子医科大学病院皮膚科」 
 NAVERまとめ 「アトピーの有名病院・名医に関するまとめ」 

(アトピー性皮膚炎関連情報)医学博士が推薦する「自宅でできるアトピー改善法」
 北里大学大学院医療系研究科卒の医学博士である川上智史氏が提唱するアトピー改善法です。
 実際にこの治療法を試して改善した一般の方からの写真がホームページ 「医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!」に多数掲載されています。

☆アトピーの最新治療で患者を救った名医に関する情報データベース
・九州大学病院皮膚科教授 古江増隆先生
 ※アトピー性皮膚炎のかゆみの解明と治療の標準化に関する研究を行う名医です。
 福岡市東区馬出3-1-1 ℡092-641-1151
 
(その他の参考サイト)
●アトピー性皮膚炎の名医と言われているドクター11人 ●アトピー性皮膚炎のスーパードクター
●アトピー性皮膚炎治療の有名病院(全国) ●アトピー性皮膚炎病院ランキング(全国・東京都・大阪府)

 (スポンサードリンク) 


『ご留意事項』
・「名医TV-ガイド.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に病院・ドクターを選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.