名医が出演する番組を事前にチェック!
 名医
 TV-ガイド.com

天野篤先生
(心臓外科)

中村清吾先生
(乳がん)

幕内雅敏先生
(肝がん)
 当サイトでは、天野篤先生、中村清吾先生、幕内雅敏先生をはじめ、数多くの名医と言われる先生を掲載しています。 Last update 
2016/7/24
presented by hossie
since 2012/7/25
Total Page View   Today   Yesterday
facebook がん最新医療・名医情報掲示板
 このページでは、前立腺がん治療の最新情報、名医情報等を提供しています。
 病気治療において、病院(治療法)選び・医師選びは大変重要な意味を持っており、多くの患者さんやそのご家族が常に最高の医療を受けたいと願って情報収集を行っています。このページが皆様の情報収集の参考になれば幸いです。
(お知らせ)
低下した免疫力をアップさせる物質を東大の研究グループが発見!
 最近の研究で、がんには私たちの体に本来備わっている「がんと向き合う免疫力」を無力化する「免疫抑制」という働きがあることが分かって来ました。こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質「ブロリコ」を発見しました。その詳しい資料を請求することが出来ます。免疫力アップに興味のある方は、こちらを参照下さい。 ⇒ 免疫力を高めてくれるブロリコ  


「名医」の最新治療(前立腺がん)と名医詳細情報

 (参考文献)
新「名医」の最新治療
前立腺がんはP154~P157に掲載
   ●早期であれば放射線単独での根治も可能
  技術や機器の進歩で高い線量を安全に照射!
   いざ病気と診断されてから名医や最新の治療法を探す方が多いことと思いますが、情報が溢れているはずの現代でさえ、なかなか求める情報、有益と思われる情報に辿り着けないという声を数多く耳にします。そこでこのページではそうした声に応えるべく、「前立腺がんの最新治療」に関する情報を掲載しました。
 皆様が前立腺がんの治療を受けられる際の参考になれば幸いです。

(最新の前立腺がん治療)

 前立腺がんは「高齢者に多いがん」の代表格と言われています。
 前立腺がんの罹患率は1975年以降増え続けており、厚労省は2020年には男性のがんでは胃がんを抜き、肺がんに次いで第2位になると予想しています。
 出来るだけ障害を残さない手術をするためには医師の技術力が欠かせないため、前立腺がんの手術においては、特に医師選びが重要と言われています。
 東京都に住む男性Y(61歳)さんのケースです。
 この男性は2006年、定年退職を前に前立腺がんの検診を受けました。
 後日、「要精密検査」と指摘され、あわてて東京女子医科大学病院の泌尿器科へ。採取した組織を調べる「生検」などの検査をしたところ、早期の前立腺がんであることがわかりました。
 Yさんを診察した同科主任教授の田邉一成医師によれば「近年早期の前立腺がんが見つかるようになったのは、PSA(前立腺特異抗原)検査のおかげ。Yさんが検診で受けたのもこの検査です」とのこと。
 PSAは前立腺組織から分泌される糖たんぱくで、がん細胞が発生すると値が上昇します。
 血液中のPSAの正常値は4ナノグラム/㍉リットル以下。4を超えたからといってすべてがんというわけではありませんが、数値が増えるとともにがんの疑いも濃厚になり、かなりの精度でがんを拾い上げてくれます。
 採血だけで調べられるので患者の負担も少なく、天皇陛下もPSAを用いて術後の再発を監視していたことが報道されました。
  sponsored link
 Yさんのように前立腺内部にとどまっている早期がんの場合、前立腺を切除する根治手術を施せば、10年生存率は90%を超えます。
 Yさんは若いうえに父親も前立腺がんにかかった経験があったため、「取ってもらったほうが安心」と、手術を希望しました。
 田邉医師がすすめたのは「腹腔鏡下手術」でした。前立腺がんの腹腔鏡下手術というと、2002年に都内の某病院で起きた、手術中の大量出血が原因で1ヵ月後に患者が死亡した事件を思い出す人もいるかもしれませんが、田邉医師によれば「腹腔鏡下手術は危険だと思っている人は多いですが、実は腹腔鏡下手術は、開腹手術よりもはるかに患者さんの負担が軽く、安全な手術といえます」とのこと。
 田邉医師から説明を聞いたYさんは、安心して腹腔鏡下手術を受けました。当日の夜だけは傷口が少し痛み鎮痛剤を使用したが、順調に回復し、5日後に退院。2週間後には職場復帰しました。
 また東京女子医科大学病院では2011年から「ダビンチ」という手術支援ロボットを使った前立腺全摘手術も始まりました。
 ロボットのアームに取り付けた内視鏡や手術器具をおなかに開けた穴から挿入。執刀医がモニターの画像を見ながら、アームを遠隔操作します。
 田邉医師はこう話します。「ダビンチは、手術器具の先端を細かく曲げることができるので、腹腔鏡下手術よりもさらにリンパ節の切除や神経の温存がしやすく、手術時間も短くて済みます。今後は中心的な術式になっていくと考えられます」
 ただし現時点では健康保険が適用されないため、自己負担が必要です。
 前立腺がんとほかのがんとの違いは、早期であれば、手術のほかにも放射線療法、内分泌(ホルモン)療法、何もせずに経過を見る待機療法など、治療の選択肢がたくさんあるという点です。
 特に放射線は前立腺がんに対する効果が高く、早期がんの10年後の生存率は手術をした場合とほぼ変わりません。
 治療の選択肢が幅広い前立腺がんですが、受診した医師の得意分野で治療法が決定されることが多いのも現実です。
 東京女子医科大学病院では、病理医、泌尿器科医、放射線科医などの専門家が集まり、おのおのの患者にもっとも合った治療法を検討。患者はその結果について、泌尿器科医からだけでなく、放射線科医からも意見を求めることことのできる「前立腺腫瘍センター」という組織を設けています。
 上記の治療については、新「名医」の最新治療―完全読本 (週刊朝日MOOK) のP154~P157で詳しく解説されています。ご興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
(参考)前立腺がんの名医一覧~全国の名医29名を掲載! 
(参考)ステージ4・ステージ3からのがん治療
(参考)がんを薬で治す!前立腺がんの薬物療法に関する情報 
(参考)前立腺がん病院ランキング(全国トップ10・エリア別トップ病院) 

☆前立腺がんの最新治療で患者を救った名医に関する情報データベース
・東京女子医科大学病院 泌尿器科主任教授 田邉一成先生
 ※泌尿器腫瘍および腎移植の分野において、わが国でトップクラスの症例数を有している「東京女子医科大学病院泌尿器科」の主任教授として活躍する名医です。
 東京都新宿区河田町8-1 ℡03-3353-8111
 (田邉一成先生のプロフィール
 

●前立腺がんに対する抗腫瘍効果が報告されている漢方薬をお試しいただけます!
 最近メディアやインターネット上で注目を集めている抗がん漢方薬があります。
 世界で認められた抗ガン漢方薬 として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「抗がん剤治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などでも取り上げられました。一時期無料サンプルの提供を中止していましたが、再開を求める声が多かったため、現在提供を再開しています。ご希望の方はお早めにどうぞ。


●低下した免疫力を高める物質を東京大学の研究グループが発見!!

 最近の研究で、がんには私たちの体に本来備わっている「がんと向き合う免疫力」を無力化する「免疫抑制」という働きがあることが分かって来ました。これに対し、免疫抑制を取り除くことで、私たちが本来持っている免疫の力が働き、治療効果が高まるという臨床研究の結果が得られています。つまり、免疫抑制を解除し、免疫力を高めることが、がんと闘ううえで非常に大切だと考えられているのです。
 こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

 
(その他の参考サイト)
●前立腺がん治療の名医と言われているドクター ●前立腺がんの世界的名医 篠原克人先生
●前立腺がんに関する詳しい情報を探す ●前立腺がん(泌尿器がん)治療のスーパードクター


 (スポンサードリンク) 


『ご留意事項』
・「名医TV-ガイド.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に病院・ドクターを選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.