名医が出演する番組を事前にチェック!
 名医
 TV-ガイド.com

天野篤先生
(心臓外科)

中村清吾先生
(乳がん)

幕内雅敏先生
(肝がん)
 当サイトでは、天野篤先生、中村清吾先生、幕内雅敏先生をはじめ、数多くの名医と言われる先生を掲載しています。 Last update 
2016/7/7
presented by hossie
since 2012/7/25
Total Page View   Today   Yesterday
 このページでは、白内障治療の最新情報、名医情報等を提供しています。
 病気治療において、病院(治療法)選び・医師選びは大変重要な意味を持っており、多くの患者さんやそのご家族が常に最高の医療を受けたいと願って情報収集を行っています。このページが皆様の情報収集の参考になれば幸いです。
カスタム検索
 (スポンサードリンク) 


大反響!白内障の進行を遅らせる眼のサプリメント!
 抗酸化成分の「ルテイン」を摂取することで、白内障の進行を遅らせることが出来ます。テレビ朝日系列の「たけしのみんなの家庭の医学」でルテインの効果が紹介され、大きな反響を呼びました。詳しくは ⇒ 国内初のクッキリサプリ【朝のルテイン&プラセンタ】  

「名医」の最新治療(白内障)と名医詳細情報

 (参考文献)
新「名医」の最新治療
白内障はP476~P479に掲載
   ●多焦点など眼内レンズの選択肢が増え
   メガネなしで生活することも可能に!!
   いざ病気と診断されてから名医や最新の治療法を探す方が多いことと思いますが、情報が溢れているはずの現代でさえ、なかなか求める情報、有益と思われる情報に辿り着けないという声を数多く耳にします。そこでこのページではそうした声に応えるべく、「白内障の最新治療」に関する情報を掲載しました。
 皆様が白内障の治療を受けられる際の参考になれば幸いです。

(最新の白内障治療)

 白内障は、カメラのレンズに相当する水晶体が濁り、物が見えにくくなる病気です。発症は45歳以上の中年に多く、年齢を重ねるにつれて割合が増加します。
 進行すると水晶体の濁りが元に戻ることはなく、視力を回復するには手術が必要となります。最近は手術法や眼内レンズが進歩し、老眼や乱視の矯正も可能になっています。
 東京都在住の76歳の女性のケースですが、1年ほど前から視力の低下に気づき、近くの眼科を受診しました。
 その眼科で両眼の白内障を指摘され、その後は経過を見ていましたが、さらに視力が落ち、メガネをかけても改善しませんでした。
 眼科医から手術を勧められ、東京慈恵会医科大学病院眼科教授の常岡寛先生を紹介されました。
 白内障の原因の9割以上は加齢で、50代では2~3人に1人、80歳以上ではほとんど100%の人に白内障が発生していると言われています。
 「水晶体の濁りは自然に治ることはなく、薬で治すこともできないので、白内障を根本的に治すには手術が必要です」(常岡先生)。
 白内障の手術では、濁った水晶体を取り除き、そこに「眼内レンズ」と呼ばれる人工レンズを埋め込みます。 近年は2~3ミリの小さな切開創から超音波で水晶体を砕いて吸引した後に、直径約6ミリの眼内レンズを挿入する「超音波水晶体摘出術」が普及しています。
  sponsored link
 白内障の手術では、麻酔も通常は点眼麻酔だけで、術中は痛みをほとんど感じません。
 術後1時間~数時間安静にしていれば、その後はすぐに日常生活に戻れるため、日帰り手術も可能となっています。最近は手術方法だけではなく、眼内レンズも進歩しています。
 なかでも今注目されているのが、遠近両用の多焦点眼内レンズです。
 「従来の単焦点眼内レンズでは、遠方にピントを合わせた度数を選ぶと、手元は老眼用のメガネをかけないと見えません。逆に近くに合わせた度数を選ぶと、遠くを見るためのメガネが必要です。多焦点眼内レンズなら、近くも遠くもメガネなしで良く見える可能性があり、日常生活でメガネなしで過ごせる時間帯が増えます」(常岡先生)。
 ただし保険を使えないのが難点です。先進医療(最新の医療技術として厚生労働省から承認された医療行為)として実施している施設でも、片眼で30万~40万円かかります。
 2009年には、乱視矯正用眼内レンズも発売され、眼内レンズの選択肢はさらに増えています(こちらは保険適用)。
 また白内障手術後に起こることのある後発白内障には、レーザー治療が有効です。
 「後発白内障は、白内障手術後の合併症の一つと考えられていて、術後数カ月から数年後に発症するのが特徴です。これまでの調査では、術後5年間で約5人に1人の割合で発症するとされます」(獨協医科大学病院眼科松島博之先生)。
 後発白内障の治療では、レーザー治療が有効です。眼内レンズを挿入した水晶体嚢の中心に穴を開け、濁っている部分をレーザーで飛ばします。この治療は外来ででき、点眼麻酔で治療時間も5~10分ですみます。
 上記の治療については、新「名医」の最新治療 完全読本 / 週刊朝日編集部別冊チーム編のP476~P479で詳しく解説されています。ご興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
 ⇒ 目・耳・鼻の病気の最新治療TOPページへ

●眼科の名医が推奨!くっきりクリアな視界を取り戻すルテインの効果!!
 瞳の健康が失われる一番の原因は『加齢』、即ち目の老化です。二番目の原因は『喫煙』で、喫煙者は非喫煙者と比べると、実に3倍のリスクがあると言われています。
 最近普及が進んでいるLEDライトも、見続けると網膜の酸化ストレスが増加し、リスクが高まる恐れがあります。
これらの要因に対して、レンズの役割をする水晶体、映像を映すスクリーンの役割をする黄斑には、強い抗酸化物質であるルテインが多く存在し、活性酸素・有害光線から目を守っています。
 緑内障や白内障、加齢黄斑変性等でお悩みの方は、他にはない最高レベルを目指して作られたルテインサプリのサイト(眼科専門医の解説もあります)を是非参照下さい。 ⇒ 国内初のクッキリサプリ【朝のルテイン&プラセンタ】  

(名医リスト)白内障の全国の名医31名(北海道から九州までの白内障の名医一覧) 
(眼科情報)白内障治療実績ランキング(全国・東京都・大阪府)&名医情報 
(名医情報)眼科の名医「メディアで紹介された予約殺到のスゴ腕ドクター」
(参考サイト)「NHKテレビ名医にQ」に出演した眼科専門医10名の略歴と受診方法「保存版」
(最新目薬情報)現在、世界各国で使用されている最新の白内障治療薬(目薬)シーナック 

☆白内障の最新治療で患者を救った名医に関する情報データベース
・東京慈恵会医科大学病院 眼科教授 常岡寛先生
 ※眼内レンズを挿入する手術を1眼10分前後で安全に行うことのできる日本トップレベルの名医です。
 東京都港区西新橋3-19-18 ℡03-3433-1111
 (常岡寛先生のプロフィール)
 
・獨協医科大学病院 眼科准教授 松島博之先生
 ※白内障と後発白内障、白内障難症例の手術において高い評価を得ているドクターです。
 栃木県壬生町北小林880 ℡0282-86-1111
 (松島博之先生のプロフィール)
 
(その他の参考サイト)
●口コミで評判の眼科の名医&実力病院 ●眼科(白内障の手術他)の名医と言われているドクター

 (スポンサードリンク) 


『ご留意事項』
・「名医TV-ガイド.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に病院・ドクターを選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

名医TV-ガイド.com
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.